サイト内検索
カレンダー
2020年1月
« 11月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ
記事カテゴリー
最近の記事
ピックアップ

Home > アーカイブ > 2020年1月


レモンのこと

58E8334B-E11E-4D03-9717-7D45DF76753E東京の父は植物を育てるのが上手で、
実家のマンションの小さなベランダでは
バラやオリーブやレモンがスクスク育つ。

娘の私はといえば正反対で、
父から託され鎌倉にやってきた植木鉢のなかの植物は、日を追うごとにショボくれていく。

日当たりの違いもあるのだろうが、
私は子どもの頃から日々の細やかな世話が苦手である。

ならば、できないことはできる方に頼ろう、ということで、たどり着いた答えは
「なんでも地植え」
母なる大地にお任せすることにした。
地面に植えれば、湿気の多い鎌倉の谷戸なら水遣りは不要だ。養分も、山からの土や落ち葉、虫や小鳥の糞など、土地のものがなんとかしてくれる。

なかには雑草に負けたり、日当たりの悪さや寒さでいなくなってしまう植物もあるが、
多くの植物は、地植えから2〜3年の潜伏期間を経て、爆発的な成長を見せる。
この潜伏期間に、植物は必要な根を張り巡らし、その土地に適応するのだと思う。

なかでも一昨年から急成長しているのが、父の元から植木鉢でやってきて地植えしたレモンである。

数年前までは実がひとつもならず、
木の前で「切っちゃおうかな」と軽い脅しをかけていた意地の悪い日々が嘘のように、
2年前から黄色い実を鈴なりにつけ始めた。

何もせずただ見守っていただけなのに、こんなにたくさんレモンの実をプレゼントしてもらって、今は木に頭が下がる思いである。
これが「自然の恵み」というものなのかと、ひとりでに感謝の気持ちが湧き上がり、腑に落ちた。

 

 

来週開催のイベントは、そんなレモンを収穫して楽しむ会です🍋よろしければぜひご一緒ください。

1/21(火)・1/26(日)
無農薬・無肥料の完熟レモンを収穫して作ろう!
「レモン塩」「レモネードのもと〜酵素シロップ〜」

1/21・1/26 無農薬・無肥料の完熟レモンを収穫して作ろう!「レモン塩」「レモネードのもと~酵素シロップ~」

6BB93B51-AA47-46BE-A79B-F01329624449同じ種類のレモンでも大きさいろいろです🍋
左: 東京の父が育てたジャンボサイズ。ほぼオレンジ😆290g
中:レインボーステイの庭のレモン 175g
右:スーパーでよく見るサイズ 75g