サイト内検索
カレンダー
2020年1月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ
記事カテゴリー
最近の記事
ピックアップ

Home > アーカイブ > 2020年1月


レモンのこと

58E8334B-E11E-4D03-9717-7D45DF76753E東京の父は植物を育てるのが上手で、
実家のマンションの小さなベランダでは
バラやオリーブやレモンがスクスク育つ。

娘の私はといえば正反対で、
父から託され鎌倉にやってきた植木鉢のなかの植物は、日を追うごとにショボくれていく。

日当たりの違いもあるのだろうが、
私は子どもの頃から日々の細やかな世話が苦手である。

ならば、できないことはできる方に頼ろう、ということで、たどり着いた答えは
「なんでも地植え」
母なる大地にお任せすることにした。
地面に植えれば、湿気の多い鎌倉の谷戸なら水遣りは不要だ。養分も、山からの土や落ち葉、虫や小鳥の糞など、土地のものがなんとかしてくれる。

なかには雑草に負けたり、日当たりの悪さや寒さでいなくなってしまう植物もあるが、
多くの植物は、地植えから2〜3年の潜伏期間を経て、爆発的な成長を見せる。
この潜伏期間に、植物は必要な根を張り巡らし、その土地に適応するのだと思う。

なかでも一昨年から急成長しているのが、父の元から植木鉢でやってきて地植えしたレモンである。

数年前までは実がひとつもならず、
木の前で「切っちゃおうかな」と軽い脅しをかけていた意地の悪い日々が嘘のように、
2年前から黄色い実を鈴なりにつけ始めた。

何もせずただ見守っていただけなのに、こんなにたくさんレモンの実をプレゼントしてもらって、今は木に頭が下がる思いである。
これが「自然の恵み」というものなのかと、ひとりでに感謝の気持ちが湧き上がり、腑に落ちた。

 

 

来週開催のイベントは、そんなレモンを収穫して楽しむ会です🍋よろしければぜひご一緒ください。

1/21(火)・1/26(日)
無農薬・無肥料の完熟レモンを収穫して作ろう!
「レモン塩」「レモネードのもと〜酵素シロップ〜」

1/21・1/26 無農薬・無肥料の完熟レモンを収穫して作ろう!「レモン塩」「レモネードのもと~酵素シロップ~」

6BB93B51-AA47-46BE-A79B-F01329624449同じ種類のレモンでも大きさいろいろです🍋
左: 東京の父が育てたジャンボサイズ。ほぼオレンジ😆290g
中:レインボーステイの庭のレモン 175g
右:スーパーでよく見るサイズ 75g

 


1/21・1/26 無農薬・無肥料の完熟レモンを収穫して作ろう!「レモン塩」「レモネードのもと~酵素シロップ~」

58E8334B-E11E-4D03-9717-7D45DF76753E今年もレインボーステイで育ったレモンが豊作です!
貴重といわれる無農薬・無肥料の国産レモン。
無農薬・無肥料とエラそうに言いましたが、
木を植えて時間をかけて育つまま、毎日ただただ見守ったレモンです。

そんな自然の恵みのレモンを、自分の手で収穫して使う体験をシェアしたいと思い、今年も企画しました。

レインボーステイの庭でレモンを収穫して、お好みのものをご一緒に作りましょう。
今年は、
「レモン塩」
「レモネードのもと~酵素シロップ~」
をお選びいただけるようにしました。
どちらをつくるか当日お決めいただけます。

両方作りたい方は、もう一方はお持ち帰り用のレモンでご自宅でどうぞ♪
作り方はお伝えしますね。どちらもとっても簡単です!

レモンは外皮から果実まで、まるごと栄養の宝庫です。採りたて完熟の安心・安全な果実を、余すところなくお召し上がりください。

≪レモン塩≫
甘いものが苦手な方でもレモンを日々取り入れることができて使いやすい調味料。長期保存可能で、何年か熟成させるとまろやかさが増していきます。レモンを外皮までまるごと食べられ、いつもの料理を深い味わいにしてくれます。また、レモンの酸味は塩味を感じやすくさせるので、減塩の手助けにもなります。

≪レモネードのもと~酵素シロップ~≫
みんな大好きレモネードのもとを自分で作りましょう♪  飲むときに水や炭酸水、お湯で割るだけ。今回はてんさい糖の上白糖を使って作ります。
レモネードのもとは、酵素シロップになるまで発酵させてもOKですし、発酵を待たずにお飲みいただいてももちろん美味しいです。レモン塩は熟成に時間が必要なので、すぐに使いたいという方にもおススメです。

ご参加の方向けに国産レモンの販売も行います。
ご自宅でのお料理、お菓子づくりなどにお役立てください。

【日時】
① 2020年1月21日(火) 13:00~15:00
② 2020年1月26日(日) 13:00~15:00
(①②とも同じ内容です)

【料金】
2000円(おやつ・材料込:レモン・天然塩orてんさい上白糖・ビン)
同伴者様はお一人 500円・未就学児無料(おやつ付き)

【持ち物】
特にありませんが、お手ふき用タオルがあると便利です。

【会場・ご予約】レインボーステイ
鎌倉市二階堂402
TEL: 0467-25-6963
E-mail: rainbowstay777@gmail.com

*ご予約はこちらからどうぞ!↓
https://forms.gle/GHcVtu2R2U6iU5gL7
お電話、E-mailでも承ります。

【レインボーステイへのアクセス】
JR鎌倉駅東口より
→『鎌20鎌倉宮』バス乗車(約15分)
→『鎌倉宮(大塔宮)』下車
→覚園寺方面へ徒歩10分

*タクシーご利用の場合:
「覚園寺(かくおんじ)の先」とお伝えください。

*お車でご来場の場合:
敷地内は駐車場(無料)です。
台数に限りがありますので、あらかじめご予約ください。

!!ナビをご利用の場合!!
レインボーステイの住所を直接入力すると
当店ではない場所を示すことが多いようです。
ナビには、最寄りのお寺
「覚園寺(かくおんじ) 鎌倉市二階堂421」
を入力することをおすすめいたします。
覚園寺から70m先の行き止まりがレインボーステイです。

ƒvƒŠƒ“ƒg


カレーの器と門松と

82200216_1155360134803460_6106707479251386368_o

53363111-148B-4933-9A75-73F710BF4071

前回のブログで書きました門松づくりの端材を使って、ミニサイズも作ってみました。

もともとは、毎年4月に開催する「たけのこ祭り」でお出しする
筍のカレーを盛り付けるために作った、竹の器を再利用したものです。

竹の器は劣化が早く、毎年新しく作るので、
たけのこ祭りが終わると、ウチには使い終わってあとは山に返すばかりの竹の器が、何十個もゴロゴロしているのです。

門松づくりの最中、器の中に、斜めに切った竹の端材を置いてみたら、あら、意外とイケるんじゃないかしらと😆
写真は2枚とも同じ竹の器を使っています。

たけのこ祭りの筍カレーは、鎌倉・材木座にあるカレーと野菜料理のお店「香菜軒 寓」さんで作っていただいています。
ウチで掘った筍を使って、ルーも私好みにワガママを聞いていただいた、たけのこ祭り専用のカレーです☺️
香菜軒さん、いつも本当にありがとうございます
💕